ご予約・お問い合わせ
コンテンツ

羊毛・綿・合繊ふとん

q 干し方は?
a 10時~3時くらいの湿気の少ない日を選んで、3、4時間程度日光に当てます。
表、裏均等に日に当てましょう。
取り込むときは、絶対にお布団を叩かないでください。
たたくことでほこりが出てきているような気がしますが、そうではなく、生地の間からわた切れをおこした繊維がでてきているので、きりがありません。ふとんを干した日は夜、くしゃみがとまらないなんてこともよく聞きます。
できれば、ふとん干し袋にいれて干すと花粉やほこりからも守ってくれます。
q 毎日のしまい方
a 敷ふとんは敷きっぱなしになっていませんか。
人間は寝ている時、約コップ一杯の汗をかきます。そのままにしていると、カビの原因となります。
特にフローリングは水分の行き場がないため、ふとんがまた水滴を吸ってしまします。
カビの黒い点々は一度ついてしまうと取れないので、注意してください。
朝、忙しい方は、ふとんをめくるか、ふとんの下に何かかませて隙間をつくってあげて、風を通してください。
q おねしょをした時
a おねしょをした部分にぬるま湯(40℃くらい)を2~3回くらいかけ、その後、乾いたタオルで拭き取ります。
その日のうちにできれば天日に表、裏ほしてください。
重層をかけたり、クエン酸入りの除菌スプレーをかけるとアンモニア臭が抜けます。
70℃以上の熱湯をかけるとたんぱく質が凝固してしまうので、決して熱湯をかけないでください。  
ひどいときはクリーニング店での丸洗いをおすすめします。