ご予約・お問い合わせ

【医師がすすめる健康枕】もっと横楽寝

カラダのプロと眠りのプロがつくった快眠枕

「医師がすすめる健康まくら」

ひとりでも多くの方に、快適な眠りを楽しんでほしい。肩凝りや首痛の相談を受け続けてきた整形外科医奥山先生は、後頭部・首・肩の三点でバランスよく頭部をささえることの大切さに着目。東京西川との共同研究で「肩1.2:首1:後頭部2.5」の圧力バランスが、もっとも寝心地がよいことを発見しました。そして、この「三点支持理論」から誕生したのが【医師がすすめる健康枕】シリーズ。この枕のシリーズは、多くの医師からも高い評価をいただいています。
 

三点支持理論   肩1.2:首1:後頭部2.5   理想の圧力バランスが、心地よい眠りをサポート。

4つの特徴
  • 独自の凸凹構造
  • 両サイド高めフォルム
  • 高さを微調整可能
  • 選べる構造や素材
 

横向き寝の多い方へ

横向き寝の姿勢や寝返りを細かく研究。
高めの両サイドと丸型独立キルトで横向き寝時の頭部が安定。

中央の凹型形状で、仰向け寝にもしっかり対応します。

A 表面にはやわらかくボリューム感のある ニット生地を使用
 
B 中央凹面形状で仰向け寝にもしっかり対応
 
C 詰めものには通気性の良いパイプを使用
 
D シートによる高さ調節(両サイド)
 
E 横向き寝を安定させる 丸型独立キルト
 
F 首・肩口にフィットするアーチ型形状
 
G 側生地 抗菌防臭加工付
 
 
 
 
 

詰めものは通気性・弾力性に優れた、ポリエチレンパイプを使用。

側/表地:綿90% ポリエステル10% 裏地:綿100%
詰めもの/ポリエチレンパイプ 高さ調整シート入り
 

医師がすすめる健康枕監修  さつきが丘医院 初代院長 医学博士 奥山隆保 先生

【 医師がすすめる健康まくら 】シリーズは奥山医師が提唱し、
西川産業が共同研究した枕の理論「三点支持理論」に基づき作られています。