ご予約・お問い合わせ

ふとんの打ち直し。そのメリットとデメリットを徹底比較。

目次

1.打ち直しとは?

2.打ち直しのメリット

3.打ち直しのデメリット

4.打ち直しを検討する目安

5.打ち直しの工程

6.打ち直しの費用

7.打ち直しの日数

8.まとめ

 

 

打ち直しとは?

おふとんの「打ち直し」とは、綿ふとんや羽毛ふとんのリフォームや再生加工を意味しています。

元々は、綿ふとんに使われる言葉で、昔は綿ふとんだったので、古くなったら棒で綿を打って加工していました。

その名残として綿はもちろん、羽毛布団のリフォームも「打ち直し」と呼んだりもします。実際、羽毛ふとんは打つわけではないので、少し違和感はありますが、長くそう呼ばれてきたので、打ち直しの方が馴染みがある方も多いかもしれません。

 

打ち直しのメリット

よくお客様から「婚礼で買ってもらって捨てるのは申し訳ない。」「まだまだ使えるのにもったいない」「愛着があるから」といったお声をききます。

お客様のお布団を使える素材は残しつつ、側生地を変えたり、追加の素材を足すことで新品同様に生まれ変わることができます。また、ダブルからシングルに、綿ふとんだと敷ふとんを掛ふとんになど変更することができます。

費用としては打ち直ししたほうが安くなる場合もあれば、追加したい素材によって高くなる場合もあるのでケースバイケースということになります。

費用に関してはその都度細かく説明させていただきながら、予算重視なのか素材重視なのかで進めさせていただきます。

打ち直しのデメリット

打ち直しでは、中の素材については再生加工ができますが側生地は再利用ができません。

側生地を割いて、新しい側生地に替えることは必須なので、思い入れがあったり、気に入っていたりすると注意が必要です。

打ち直しする際は、すべての中身が使えるわけではありません。使える中身と使えない中身と選別し、足りない羽毛や綿わたには必ず追加で足す必要があります。

その時、以前と全く同じものというのは不可能ですので、それに近い素材を足すことになり、そこの費用を抑えることでスペックが下がることもあります。

そうなった時に、寝心地が違うと感じられる方もいらっしゃるので、中に足す素材や側生地は慎重になったお選びいただいた方がいいです。

検討する目安

綿ふとん

ふとんの打ち直し

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ふとんが薄くなった
汚れや色あせが気になって、使わなくなった
柄やサイズを変えたい
長年使わず、押し入れにいれたまま
綿ほこりが多い
あたたかくなくなった
 

 

羽毛ふとん

 
 
 
 
 
 
 
 
スカスカ片寄り
ふくらまない
襟元汗・油じみ
羽毛が飛び出す
10年以上使用
ふとんが薄くなった
汚れや色あせが気になって
 
 

打ち直しの工程

綿ふとんの場合(画像をクリック)

 

羽毛ふとんの場合(画像をクリック)

打ち直しの費用

打ち直しか買い替えか、どちらがいいのか迷われる方も多くいらっしゃいます。

打ち直しか買い替えかは実際にお持ちの込みいただいて、お布団を診断する必要があります。

診断もせずに金額ありきで、話をすすめる業者に決めてしまうと、後悔する可能性があります。

診断後は打ち直しした方がお得なのか、劣化が激しく、あまり変わらない金額かかるなら買い替えたほうがいいのかなど、お客様のご希望に添えるよう相談しながらすすめさせていただきます。

料金の目安として料金表を掲載いたします。

綿ふとん料金表

羽毛ふとん料金表

※羽毛ふとんのリフォームにはロマンス小杉、西川などからお選びいただけます。

掲載の料金表はロマンス小杉のものです。

ロマンス小杉のリフォームは

打ち直しの日数

綿ふとん

お預かりしてから約2週間~3週間ほどかかります。打ち直しの前にクリーニングをされる方はトータル4週間ほどです。

長年、使用してきたお布団にはダニや汚れがあるので、打ち直し前に丸ごと水洗いされることをおすすめします。

羽毛ふとん

お預かりしてから、約4週間~6週間ほどかかります。そのため、シーズンオフにリフォームされる方が多いです。余裕をもってだしてください。

まとめ

綿ふとん、羽毛ふとんそれぞれの打ち直しについてお話してきました。

金額は素材、側生地、工程によってさまざまです。安さにこだわりすぎると仕上がりで後悔することもあります。安さには安さの、高いには高いなりの理由があります。

中身は素人が判別しにくいため、粗悪なダウンや綿を足して高い金額を請求されることもあります。わたまんの名前をかたり、訪問販売する業者もいて、何人もの方が被害を受けています。

そうならないためにも、業者選びは慎重にしていただきたいです。

わたまんでは、お客様が長年愛用したおふとんは大切に取り扱い、新品同様に再生いたします。

羽毛ふとんのリフォームはネットでの取り扱いもございます。